取得時の税金について

近年、資産のために不動産購入が注目を集めるようになってきました。その背景には不動産の価値が上昇したことにあり、自分の住まいだけではなく資産運用のために不動産を購入されています。

}PgžxQ
マイホームを購入する場合や資産運用のために住居を購入される場合に、一般的には予算をある程度決めておきます。あらかじめ、どれくらいの購入費用が必要なのかを計算して、資金計画を立てることは非常に大切なことです。

 
住居を買う際に必要になるのは、物件本体の購入費用だけではなく、税金を支払うことになります。住居を購入する時、不動産会社と売買契約を交わします。この売買契約は、ほとんどのケースで契約書を作成してもらいます。
売買契約書に記載された購入金額によって納税の金額が変動しますが、印紙税という形で納税することになります。収入印紙を購入し、契約書に貼り付ける手順となります。不動産の購入価格によって変動しますが、一般的には1万円や2万円程度の印紙代が必要となります。

 
その他にも住宅を購入した金額に消費税も必要になりますし、土地や物件を自分の名前で登記するための登録免許税も納税しなければなりません。土地や物件などを得た場合に納税しなければならない不動産取得税も予算の中に入れて計算します。

コメントは受け付けていません。