利回り10%以上は可能なのか?

不動産を購入して資産の運用をする方法が見直されてきており、近年の不動産売買市場は活発になっています。不動産を上手く活用して、堅実に資産運用していくことは可能なのでしょうか?

 
一般的には資産運用のために不動産を購入するのであれば、不動産の利率回りをしっかり想定して購入に踏み切ります。不動産に関してあまり詳しくない場合には、この利率回りについての知識はきちんと理解しておきます。

 
多くの方が理解している利率回りは、不動産がマンションやアパートで満室になったと想定し、年間の賃料を不動産の購入価格で割ったものと理解しています。利率回りの値が高いほど資産運用に適した不動産だと考えがちです。

 
こういった計算の仕方で利率回りを計算すると、表面利率回りが10%の物件が結構多いのです。ですから、利率回りの値のみで不動産購入すると厳しい現実が待っています。多くの場合は、マンションやアパートが満室になるケースは珍しいのです。

木の実
空室時の年間賃料として計算してしまうと、表面利率回り率は高くなりやすいのです。表面利率回りのみで判断するという方法には注意します。1年間を通して空室になりにくい物件は必ずありますから、利率回りだけではなく空室になりにくい物件を見極めるようにすれば、実質の利回りを10%以上にすることが可能です。

コメントは受け付けていません。