実質利回りって何?

メディアを中心として、マンション経営などの不動産投資をすることで資産運用していこうという情報を目にします。株式投資とは違って家賃経営をする形になるので、入居者さえ確保できれば、とりあえず安定した収入が得られます。このため、より堅実な資産運用できるということで注目されています。

雷
マンション経営をする時に、利回りという言葉をよく目撃するはずです。利回りにもいくつかの種類があって、内容も変わってきます。どの物件を使ってマンション経営をするのか、利回り状況でも影響を受ける側面がありますのでしっかり理解しておきます。利回りの種類の中の一つに、実質利回りという言葉があります。

 
ネットともいわれていますが、年間マンション経営して得られる家賃収入があります。マンション経営をするためには、例えば共有部分の管理費や固定資産税といった諸経費が掛かります。この諸経費を家賃収入から差し引いて、物件価格から購入時の税金などの諸経費を足したもので割った数字を表します。

 
ただしこの利回りの数字にあまり踊らされないようにしてください。利回りとは、あくまでもその時点の数値にしかすぎず、年度ごとに変わってきてしまうからです。そこで不動産会社のチラシに書かれている利回りは、表面利回りというもう一つの利回りで掲載されます。

コメントは受け付けていません。