表面利回りって何?

惑星不動産投資用物件をチェックしてみると、利回りという言葉をよく目にします。利回りというのは、投資額に対して収益がどれくらいあるかを数値化したものです。つまり、の物件は、利回りの良い物件というのはたくさんの収入を生み出す可能性が高く、利回りの悪い物件はあまり利益を期待できないということになります。

 
利回りには、表面利回りという言葉があります。これは別名グロスとも呼ばれています。年間の家賃収入の総額を、その物件価格で割り戻した数字のことを言い、年間収入÷物件価格×100で算出することができます。

 
例えば3000万円の物件価格で、年間の家賃収入が300万円の物件の場合におけるグロスは300÷3000×100=10%という計算になります。この数字をチェックすることで、投資用物件を選ぶ際に最初の目安として絞り込みやすくなります。

 
ちなみに本腰を入れて投資用物件を選定する場合には、実質利回りで考える必要があります。これは不動産取得にかかる経費や、取得した後もかかってくる経費などすべてを考慮した上での利回りのことを言います。

 
具体的には、(年間収入-諸経費)÷(物件価格+購入時の諸経費)×100で算出することができます。最終段階としてこの利回りをチェックすると選びやすいと言えます。

コメントは受け付けていません。