Author Archive

満室想定利回りって何?

不動産投資をする際には、利益のことを考えて投資先を選ばなければなりません。不動産は家賃収入となるので、家賃による収入により投資額を回収できなければなりません。そのため、利益のことを考えて良い投資先を選ぶ必要があります。
投資する不動産を選ぶための目安となるのが満室想定利回りです。これは満室を想定した時にどれくらいの収入を得られるかを表すものです。実際に満室となるとどのくらいの収入が得られるかを知れるので、満室となる見込みがある不動産では、良い利回りとなります。
しかし、この利回りは満室にならないと到達できません。満室にならなければこれよりも低い利回りとなります。このため、投資した後にも満室にするための努力をしなければなりません。
不動産は人気がある物件では満室になることも多いです。しかし、人気のあまりない不動産では満室となることは少ないです。不動産を選ぶときには不動産の立地や内装に関して調べておくと、良い不動産に投資できます。彗星
人気のない不動産を満室にしようとすると、家賃を低くするなどの努力が求められます。しかし、家賃を低くすると収入も低くなります。努力すれば利回りがよくなるということはないのです。不動産投資では投資先を慎重に選ぶことが大切なのです。

表面利回りって何?

惑星不動産投資用物件をチェックしてみると、利回りという言葉をよく目にします。利回りというのは、投資額に対して収益がどれくらいあるかを数値化したものです。つまり、の物件は、利回りの良い物件というのはたくさんの収入を生み出す可能性が高く、利回りの悪い物件はあまり利益を期待できないということになります。

 
利回りには、表面利回りという言葉があります。これは別名グロスとも呼ばれています。年間の家賃収入の総額を、その物件価格で割り戻した数字のことを言い、年間収入÷物件価格×100で算出することができます。

 
例えば3000万円の物件価格で、年間の家賃収入が300万円の物件の場合におけるグロスは300÷3000×100=10%という計算になります。この数字をチェックすることで、投資用物件を選ぶ際に最初の目安として絞り込みやすくなります。

 
ちなみに本腰を入れて投資用物件を選定する場合には、実質利回りで考える必要があります。これは不動産取得にかかる経費や、取得した後もかかってくる経費などすべてを考慮した上での利回りのことを言います。

 
具体的には、(年間収入-諸経費)÷(物件価格+購入時の諸経費)×100で算出することができます。最終段階としてこの利回りをチェックすると選びやすいと言えます。

実質利回りって何?

メディアを中心として、マンション経営などの不動産投資をすることで資産運用していこうという情報を目にします。株式投資とは違って家賃経営をする形になるので、入居者さえ確保できれば、とりあえず安定した収入が得られます。このため、より堅実な資産運用できるということで注目されています。

雷
マンション経営をする時に、利回りという言葉をよく目撃するはずです。利回りにもいくつかの種類があって、内容も変わってきます。どの物件を使ってマンション経営をするのか、利回り状況でも影響を受ける側面がありますのでしっかり理解しておきます。利回りの種類の中の一つに、実質利回りという言葉があります。

 
ネットともいわれていますが、年間マンション経営して得られる家賃収入があります。マンション経営をするためには、例えば共有部分の管理費や固定資産税といった諸経費が掛かります。この諸経費を家賃収入から差し引いて、物件価格から購入時の税金などの諸経費を足したもので割った数字を表します。

 
ただしこの利回りの数字にあまり踊らされないようにしてください。利回りとは、あくまでもその時点の数値にしかすぎず、年度ごとに変わってきてしまうからです。そこで不動産会社のチラシに書かれている利回りは、表面利回りというもう一つの利回りで掲載されます。

キャップレートって何?

キャップレートという言葉は聞いた事はありますか?これは、不動産の専門用語でもあります。この言葉は、Capitalization Rate(キャピタライゼーションレート)の略です。日本語に訳しますと、還元利回りとも言われます。

 
不動産の純収益から、修繕費用や管理費などを差し引いた額を、不動産価格で表現した率を指し示しています。純収益というのは、主には家賃から得る収入の事です。その家賃などの収入額から、修繕費用や管理費を除いた率が、このキャピタライゼーションレートと呼ばれるものになるわけです。

 
マンション管理者などは、家賃収入があっても、そのマンションの修繕費用や管理にかかる費用は、その家賃から工面する事になります。そのため、実質は、得た家賃額を丸ごと使えるわけではなく、そこからマンション管理費用を出費する事になるわけなので、手取りとしては減額されます。

 
因みに、不動産でいう管理という用語は、その範囲の性質を変えない程度に、保存したり、利用したり改良工事を行う行為を表します。

 
マンション管理者にとって、マンションの管理は必要不可欠です。長い年月の間に、修繕が必要になる事もあり、マンションの共用部分をリフォームする頻度も多くなるはずです。

利回り10%以上は可能なのか?

不動産を購入して資産の運用をする方法が見直されてきており、近年の不動産売買市場は活発になっています。不動産を上手く活用して、堅実に資産運用していくことは可能なのでしょうか?

 
一般的には資産運用のために不動産を購入するのであれば、不動産の利率回りをしっかり想定して購入に踏み切ります。不動産に関してあまり詳しくない場合には、この利率回りについての知識はきちんと理解しておきます。

 
多くの方が理解している利率回りは、不動産がマンションやアパートで満室になったと想定し、年間の賃料を不動産の購入価格で割ったものと理解しています。利率回りの値が高いほど資産運用に適した不動産だと考えがちです。

 
こういった計算の仕方で利率回りを計算すると、表面利率回りが10%の物件が結構多いのです。ですから、利率回りの値のみで不動産購入すると厳しい現実が待っています。多くの場合は、マンションやアパートが満室になるケースは珍しいのです。

木の実
空室時の年間賃料として計算してしまうと、表面利率回り率は高くなりやすいのです。表面利率回りのみで判断するという方法には注意します。1年間を通して空室になりにくい物件は必ずありますから、利率回りだけではなく空室になりにくい物件を見極めるようにすれば、実質の利回りを10%以上にすることが可能です。

売却時に必要な税金について

売却には税がかかってくるというのはご存知でしたか?きっと知らない人が多いのではないでしょうか?不動産を売ったら、自分にお金が入ってくるので、損はないと思いがちですが、売った時の税の仕組みをよく理解していないと、損をしてしまう事もあるのです。物件を売った時にかかる税についての説明は、ネットでも詳しく専門的な具体例が紹介されているので、是非利用してみるといいです。

}PgžxQ
不動産を売った時に、自分が所有していた不動産が、実際に自分が購入した時よりも、高く売れたのか、それとも安く売れたのかという点でも、かかってくる税金のシステムが変わってきます。確定申告の話も大きく関与していきます。

 
例えば、もしも自分が購入した時よりも、高い値段で売れた時、一定の収入が入るわけなので、税がかかかり、確定申告が必要になってきます。

 
反対に、自分が買った時よりも、少ない値段がつく場合もあります。これについては、確定申告は不要になりますが、譲渡手続きをする事で税がかかってくるのです。

 
折角売るなら、自分が購入した時よりも、高い値段で売れた方が、お得感もありますし、嬉しいですが、実際は、高く売れても税として持った行かれてしまう分も考慮しなければならないのです。

取得時の税金について

近年、資産のために不動産購入が注目を集めるようになってきました。その背景には不動産の価値が上昇したことにあり、自分の住まいだけではなく資産運用のために不動産を購入されています。

}PgžxQ
マイホームを購入する場合や資産運用のために住居を購入される場合に、一般的には予算をある程度決めておきます。あらかじめ、どれくらいの購入費用が必要なのかを計算して、資金計画を立てることは非常に大切なことです。

 
住居を買う際に必要になるのは、物件本体の購入費用だけではなく、税金を支払うことになります。住居を購入する時、不動産会社と売買契約を交わします。この売買契約は、ほとんどのケースで契約書を作成してもらいます。
売買契約書に記載された購入金額によって納税の金額が変動しますが、印紙税という形で納税することになります。収入印紙を購入し、契約書に貼り付ける手順となります。不動産の購入価格によって変動しますが、一般的には1万円や2万円程度の印紙代が必要となります。

 
その他にも住宅を購入した金額に消費税も必要になりますし、土地や物件を自分の名前で登記するための登録免許税も納税しなければなりません。土地や物件などを得た場合に納税しなければならない不動産取得税も予算の中に入れて計算します。

所有時に必要な税金について

不動産を購入したら、税金がかかるという事は、ご存知でしたか?物件を所有すると、不動産取得税というものがかかってきます。
基本的に、物件を購入したり、新築にしたりする時には、消費税はかかりません。しかし、国税がかかってきます。主にかかるのは、印紙税と、不動産取得税でうs。
不動産取得税とは、不動産を新たに取得した時にかかる税です。印紙税というのは、不動産取得税を納める時に必要になってくる書類に添付する印紙にかかってくる税です。
これは、必ずしもかかってくるとは限りません。適切な処置をとる事で、税が軽減される事もあるのです。この仕組みを知っているのと知らないのとでは、損得が大きく変わってきます。
税が軽減される方が勿論いいに決まっていますよね。軽減措置をとった方が賢いやり方です。損しないように、仕組みをきちんと理解してみて下さい。
また、土地や住宅を所有していると、固定資産税や、都市計画税もかかってきます。これは、一定の計算方法でそれぞれ算出されるものです。その計算方法を理解しておくのも、非常に良い勉強となります。
固定資産税とは、市町村が土地保有者に課する税の事です。このどちらも、軽減措置がとれるようになっているので、どのような条件の基で軽減されるのかも、考えてみて下さい。

不動産投資と税金

サラリーマンで給与所得者であっても、将来のことはいろいろと不安点を考えることもあるものです。会社の経営や自分の立場などで大きく変わって、収入も違ってくるものです。

}PgžxQ
給与収入以外の収入があれば、非常に安心感も違ってきます。最近は年代の若い人も積極的に投資を考えて、実行している人が増えているようです。
その一つに、不動産投資があります。投資をすることで、賃貸収入が定期的に入ってくるのです。これは魅力あることです。住宅ローンを利用して、不動産を購入し、ローン返済は賃貸収入で賄うことが出来ます。どの程度の期間で回収できるのかは、慎重に計画することは大事です。

 
不動産を購入するには税金がかかります。自己資金を用意しておきたいものです。先ずは、不動産取得税です。そして登記するには登録免許税が必要になります。また各種手続き費用には印紙税も必要になります。

 
建物には消費税がかかることも忘れてはならないものです。不動産を取得する時には、いろいろな税金がかかるものです。そして今後物件を保有していくのですが、これには市町村に支払う固定資産税や都市計画税も必要な経費になります。

 
コスト以上の収入が得られるように計画することが、大事なことです。投資の良い点は多くあるのです。